きょうのとかちさん

初心者面する飼い主など「知るか!」と冷たい視線に晒されているかもしれない件。

投稿日:

つまり初心者だろうがなんだろうが飼い主などしょせん同列で犬の社会には関係ない、ということ。
そりゃそうだ。
ケガさせておいて「飼うの初めてなんで」など許されるわけがない。
と思わせる出来事をドッグランで聞いた(ゆうきち談)。

ある犬種が来るだけで怯えたように遊ばなくなったというUくん(3才)
なんでだろうと思っていたある日、行きつけの病院の先生に「傷がカサブタになってますねぇ」といわれたらしい。そのとき、すべての合点がいったUくんの飼い主。
Uくんはその犬種のただ一匹(特定済)に思いっきり噛まれていたのだ。
飼い主が気づいて仲裁すればいいと思うかもしれないがUくんは感情を表に出さないタイプ。ケガもきっと一瞬のできごと。気づいてあげられなかったことを責めたり、そもそもドッグランに連れていく自己責任を問うのも答えの一つ。でも噛むことを放置する(あるいは軽く考えてる)飼い主がいるのも事実。知識がない初心者なら許される?噛まれたほうにすれば飼い主が初心者か否かなんてどーでもいいに違いない。

きっとしつけが甘い飼い主のせいでドッグランを避けるようになった人たちも多いんだろうなぁ。と思う出来事だった。

噛まれて以来、噛んだ犬じゃなくても同じ犬種というだけで遊びを中断し飼い主に助けを求めるようになったというUくん。
そういえば、前のエントリーにもあるようにミニピンとか苦手な犬はとかちさんにもある。トイプードルのヒラヒラした耳を噛むのがすきなんですぅ〜な飼い主の愛犬に耳を噛まれたからだろう。
でもテンションが下がるだけで遊ばない、まではない。ほかのミニピンのほとんどがいい子で接してくれているお陰もあるんだろう。ネタ的に片付けてたけどトラウマになるようなトラブルにあう前に止めに入れる距離にいないといけないと思った。もちろん加害者になるかもしれないことも肝に銘じつつ。

で。
とかちさんが大好きなドッグランをこれからも利用させてもらう上で、戒めたいことがある。
主役ではなく脇役の目線。
つまり出会ったワンコにも思いを馳せてちゃんと気を使える飼い主になりたいということ。

ドッグラン命のとかちさんのために飼い主もタフになって注意を払っていきたい。

人間にも社会があるようにワンコにも社会がある、ということも分かってきた。
飼い主が初心者だからとか、まだパピーだからとか言ってる場合じゃない。
噛まれた飼い主にすれば、家族と同じ愛犬が大好きなドッグランで怯える姿なんていつだって見たくないはず。先日はドッグランでベンチの下にタバコの吸い殻が落ちていたことがあった。驚いたけど想定内と思って対応しないと守ってはやれない。

初心者もずっと飼っている人も関係ないのだ。
こう書くと面倒くさいな。
と我ながら思うけど実際そうでもない(笑)
初心者、を言い訳にしないようにしよう…とかちょっとしたそういうこと、なんだよねきっと。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ







-きょうのとかちさん

Copyright© きょうのとかちさん , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.