きょうのとかちさん

噛むかもしれない犬とおばさんの過去。

投稿日:


「噛むかもしれない~」と言って立ち去って行ったおばさんとその犬。
いつものお花屋のおじさんのところを通っていた時の話。
いつものようにおじさんにとかちが来たよ~ってあいさつをするといつものようにおじさんに抱っこされるとかち。
しかし、その前に通った犬にはおじさんは抱っこしていなかった。
おじさんはわんこが通ると必ず分け隔てなく必ず抱っこする。
みんなそのおじさんが大好き。前にもおじさんは登場しているが。
すぐにおかしいな~と思ったが、深くは聞かなかった。
でもすぐにおじさんの口から
「犬の性格は飼い主に似るんだわ~!」っておじさんがぼそって呟いた。
そのおじさんの言葉に「えっ!?」っというと、
あの子は現在3歳だという。ってことはとかちと同じ年。
昔はほかのわんこと同じように抱っこされていたと言う。
いつから「噛む」ようになってしまったのか?
おじさんはその後話し始めた。
家族で飼っているらしいが最初はその家のお姉ちゃんが飼い主だったらしい。
その飼い主のお姉ちゃんがそのわんこをいじめたらしい。
暴力を振るわれていたというのだ。
そのせいであのわんこは自分を守るためあのような性格になってしまったんだという。
そのあと、家族でたらいまわし。
今も家族の誰にも懐いていないし、他の誰にも。とおじさんは話していた。
今、お散歩をしていたのはおばさんだった。
お姉さんのお母さんなのか?どうかはわからない、そこまで聞かなかった。
でもちょっと見たところはすぐに噛むって感じではなかった。尻尾も多少ではあるが揺れていた。
でもいつ噛むかわからないと飼い主のおばさんが話してるんだから触れないことにした。
今もその家に住んでいることは確かである。
今もいじめられているのか?はわからないが、お散歩に連れて行ってくれるんだから前よりマシなんだろうか?
「いじめられている」というフレーズが頭の中にいっぱいになってその後もそのことが気になって仕方がなかった。
3歳でとかちと同じ、
3年しかたってない間にいろいろあったんだと思うとほんとに可哀そう。
人間がちゃんとしてなかったばっかりに生まれたときは優しい子だったのに、凶暴な性格に変わってしまった。
その人のことを許せない気持ちでいっぱいになった。
とかちさんはどんなことがあっても守るのに。
人間でも動物でもいじめがあるなんて辛すぎる。
そんなことがあった最近でした。

いじめはあか~ん。とかち。
⇩きょうもおひとつとかちさんをぽちっとお願いします。

にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村







-きょうのとかちさん

Copyright© きょうのとかちさん , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.