有名人と愛犬 犬のニュース 飼い主のホンネ

【ジョニーデップの愛犬】不法入国騒動でまさかの罰金&懲役の可能性【オーストラリアが本気】

投稿日:

 

ジョニーデップの愛犬2匹「(Johnny Depp's dogs Boo and Pistol) がオーストラリアで殺処分の危機騒動。

あれからどうなったのか、ずっと気になっていました。

調べてみると、意外な展開になっていました。オーストラリア、本気です。

これまでの流れを整理します。

 

ジョニーデップの愛犬の名前は「Pistol(ピストル」と「Boo(ブー)」

殺処分の危機にさらされていたのは、ジョニー・デップの愛犬、ピストル(Pistol)とブー(Boo)。海外のメディアサイトでも大きく報じられていました。


どっちもカワイイですね。

デップの愛犬が無許可で入国できた理由

記事にはこう書かれています。

デップさんは映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作の撮影のためオーストラリアに滞在中だが、プライベートジェットで先月ブリスベーン(Brisbane)に到着した際、連れてきたヨークシャーテリアの愛犬2匹について税関に申告せずに入国していた。

出典:AFPBB NEWS

あれから2週間以上が経ちました。

殺処分(安楽死)処分騒動の結末

どうやら殺処分は免れたみたいですよ。

ジョニーはすでに犬たちをプライベートジェット機に乗せ、カリフォルニア州に送ったという。処分の期限が数時間後に迫った5月15日午後に飛行機は旅立ったようだ。

出典:T-SITE

つまり、ジョニデは犬たちだけをアメリカに帰した、と。さすがはカリブの海賊♪

これで一件落着!とおもいきや、こんな記事が。

犬たちは今月、すでにアメリカへ送り返されているが、豪「Sydney Morning Herald」紙によると、ジョニーの法的トラブルが解消したと言うにはほど遠いようだ。オーストラリアに違法に犬を持ち込んだ罪で、最長10年の懲役か、最高34万豪ドル(約3,250万円)の罰金を命じられる可能性があるという。

出典:T-SITE

犬を持ち込んだ罪で、最長10年の懲役か、最高34万豪ドル(約3,250万円)の罰金

オーストラリア当局は、ジョニデが法律を知らずに持ち込んだのではなく、こっそり持ち込んだとみているようです。
罰金は屁でもないでしょうが、懲役10年は困りますよね。本人はもちろん、ファンにとっても。

なんとか双方が納得する結論が出るといいのですが・・・

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
↑いつもありがとうございます!







-有名人と愛犬, 犬のニュース, 飼い主のホンネ
-, , , , , , , , ,

Copyright© きょうのとかちさん , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.