犬の血液検査「病気の例」早見表

血液検査を受け、4つの異常値がありました(2015年5月)。検査項目が何を意味しているのか分からず、もっと勉強しなければとおもいました。手始めとして動物病院で貰った「血液検査から考えられる病気の例」が見づらかったので書き起こしてみました。


 

Contents

血液検査から考えられる病気の例

腎臓系

1.BUN(血中尿素量)

低下↓

肝機能障害、蛋白欠乏症

増加↑

腎機能障害、心不全

2.CRE(腎臓過量)

低下↓

筋喪失、妊娠

増加↑

腎機能生涯、筋炎

3.GLU 血糖値

低下↓

飢餓、腫瘍

増加↑

糖尿病、ストレス

4.WBC(総白血球数)

低下↓

消費喪失、骨髄疾患

増加↑

炎症、化膿、薬剤

5.TP 総蛋白量

低下↓

栄養不良、肝・腎疾患

増加↑

脱水、感染症、腫瘍

6.ALB アルブミン

低下↓

出血 脱水 腎不全

増加↑

脱水

7.A/G

低下↓

栄養低下ネフローゼ感染症

増加↑

栄養可良、脱水

肝臓

8.Ⅱ

低下↓

黄疸指数

増加↑

肝疾患

9.GPT (肝酵素細胞内)

増加↑

肝疾患、貧血 中毒

10.GOT肝酵素細胞内

増加↑

肝疾患 筋損傷

11.ALP 胆嚢・肝機能

増加↑

肝疾患 副腎機能亢進症(こうしんしょう)

筋肉

12.CK 筋肉内酵素

増加↑

筋傷害(心筋、骨格筋)

13.CHOL (総コレステロール)

低下↓

蛋白喪失性腸炎

増加↑

副腎機能亢進症、糖尿病

脾臓

14.LIP(リパーゼ)

低下↓

脾臓障害

増加↑

電解質

15.Na ナトリウム

低下↓

尿崩症 脱水

増加↑

脱水 尿崩症

16.K カリウム

低下↓

消化器疾患 摂取不足

増加↑

腎不全、副腎機能低下

17.Cl クロル

低下↓

消化器疾患

増加↑

脱水 尿崩症

18.Ca カルシウム

低下↓

上皮小体機能低下 低ALB

増加↑

リンパ腫、腎不全

19.P リン

低下↓

高Ca血症

増加↑

窒素血症

20.fib フィブリン

ショック DIC

低下↓炎症 化膿性疾患 肝臓

増加↑

白血球像

Band 桿状好中球

増加↑

化膿

低下↓

敗血症 消費

増加↑

ストレス 化膿 薬剤

Mon 単球

ストレス、慢性疾患

Eos 好酸球

低下↓

寄生虫 炎症

Bas 好塩基球

敗血症

貧血パネル

RBC 総赤血球数

低下↓

貧血

増加↑

多血症、心疾患、熱性疾患

PCV 血球容積

低下↓

貧血

増加↑

脱水

Hb 血色素量

低下↓

貧血 溶血

増加↑

脱水 多血症

MCV 平均血球容積

MCH 平均血球血色素量

MCHC 平均血球血色素濃度

PLT 血小板


※分からない名称もあるので今後、随時加筆修正をしていきます。

 

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
↑いつもありがとうございます。


投稿日:

Copyright© きょうのとかちさん , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.