犬のニュース 飼い主のホンネ

【中国の文化】犬肉祭の犬100匹を救った女性の保護施設が・・・【動画】

投稿日:

中国南部にある広西チワン族自治区玉林市で、犬肉を食べるイベント「犬肉祭」が行われました。毎年恒例になっているのですが、今年そこに65歳の中国人女性が100匹をまとめ買い。犬を救いだしたことが話題になっています。

元教師の楊暁雲さんは、2400キロあまり離れた天津市にある自宅から、犬たちを救うために玉林市を訪れたという。
楊さんは6月21日、約7000人民元(約14万円)を費やして、100匹を購入した。
楊さんは、捨てられた子猫を川から救い出した1995年以来、動物を救う活動を続けている。1999年には、「みんなの家(Common Home for All)」と呼ばれる犬や猫の保護施設をつくった。
楊さんの活動を紹介する2013年の動画によれば、楊さんはこれまでに数百匹の犬や猫を引きとり、自宅を売却して借りたスペースで飼っているという。

楊さんは犬や猫のために食事をつくり、「子どもたち」と呼んでいると、インドのインディア・タイムズは報じた。楊さんのシェルターには現在、犬1500匹と猫200匹近くがいる

出典:ハフィントンポスト

食べられるはずだった犬を救い出したのは、楊さん。元教師で動物愛護活動家。犬や猫の保護施設をつくり現在犬1500匹と猫200匹の世話をしています。100匹で14万円で一匹あたり1400円。でも、だからといって祭りが中止になることはありません。この話題をめぐってはツイッターでも様々な反応が出ています。

気になるのは救い出した女性が引き取った100匹のワンコたちをどうするのか、ということ。すでに1500匹世話をしている、とのことなので加わるのでしょう。で、1600匹です。
2年前、施設を紹介している動画です。

きちんと世話はされているのでしょうが、個人的な感覚ではちょっと目を背けたくなる環境です。うちのとかちさんが同じ空間にほんの数分でも過ごすことを想像するだけで胸がしめつけられます。中国や朝鮮半島では今も残る食文化。豚や牛はOKなのになぜ犬はダメなのか? わたしたち日本人もなぜクジラはダメなのか?と国外に問いかけています。頭がいいから、と彼らはいいます。同じように犬は「頭がいいから」「人間のパートナーだから」といって止められるでしょうか。
inu2
そんな正論より、心がNOといっている。

今回救い出された犬は100匹/10000匹。
日本では何万匹も殺処分されている現実。

これから犬を飼おうと考えている方は
保護犬や里親探しサイトをのぞいてみてください。
譲渡・里親探しのマッチングサイト https://www.veterinary-adoption.com/search/index.php?animal=dog
ワンダフルドッグズhttp://www.wonderful-dogs.com/index.html
ペットのおうち http://www.pet-home.jp/

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村







-犬のニュース, 飼い主のホンネ
-, ,

Copyright© きょうのとかちさん , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.