いぬのからだ なんば歩き(側対歩) 歩き方 犬の気持ち動画

【犬の気持ち動画】おかしい歩き方「なんば歩き」の原因を調べてみた【側対歩】

投稿日:

うちのとかちさんは、同じ方向の右前足と右後ろ足、左前足と左後ろ足が同時に前後する歩き方をすることがあります。知り合いからは「あ、またアホの坂田師匠になっているね」とよく笑われます。この歩き方、人間だと「なんば歩き」というらしいです。病気の可能性はないのでしょうか。「なんば歩き」(側体歩)について調べてみました。

ポイント1「なんば歩き」とは

まずは、なんば歩きをしているうちのとかちさんの動画です。


出てますねえ、同時に(笑) 甲子園球児の開会式のようです。なんば歩きとは同じ側の手と足が同時に前後する歩き方。馬(特に在来種)や象、ラクダなどの大型四足動物に多く、「側対歩」というそうです。

ちなみに馬の側対歩がこちら。

キリンも。

また、大型犬や飼い主に忠実な盲導犬にも多い、という記述もありました。もしや・・・。

ポイント2飼い主のペースに合わせている可能性

トイレを済ませたあとのとかちさんは割と飼い主の顔をみるようになります。
RUdFvR
先を歩いています。しかしリードはピンと張る手前でいつもペースを落としています。そう、自分のペースではなく飼い主の歩く速さに合わせてくれているのでしょう。これが歩くリズムを狂わせ、なんば歩きになっているのかもしれません。

ポイント3病気の可能性は?

調べてみると、過度な運動や逆に運動不足、歩いている場所の環境(地形)、後ろ足の骨格が変形している、足腰に痛みがある、など様々な原因があるようです。実はパピーの頃、ほかの犬と激突し左の後ろ足を脱臼したことがあって以来、癖になっています。それもあるのかもしれませんね。対処法として筋肉をつけるのがいいそうなので散歩は怠らないようにしたほうがいいですね。知り合いの犬は筋肉をつけるために毎週水泳教室に通っています。いいらしいですよ、水泳。 ま、四六時中なんば歩きをするわけではないので今後もチェックしつつ見守っていきたいとおもいます。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

↑いつも励みになります。







-いぬのからだ, なんば歩き(側対歩), 歩き方, 犬の気持ち動画

Copyright© きょうのとかちさん , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.