きょうのとかちさん

とかちの尻蹴られる~子供の悪ふざけ。

投稿日:

こんばんわ。
明日から、また月曜日。仕事が始まっちゃいますね。
そんな今日の日曜日事件は起こりました。
駅でICカードにチャージをする間ほんのちょっとの時間にその事件は起こりました。
電車に乗るためにチャージをしてからと思ってまぁ、それからとかっさんをバッグインしようと思ってました。
リードは短くし、人の迷惑にならないように。
そこに幼稚園の年長さんくらいの男の子が目に入ったのですが、さほどきにすることもなくチャージをして
ほんの一瞬とかちから目を離したその時に、
終わったよっ、とかちと思ったらそのクソガキ、、男の子はとかちのおしりを足で蹴っていたんです。
何回も、たぶん。
痛かったら声を出していたかもしれないけど、それほどじゃなかったのか?
たぶんおむつカットが役に立ち大丈夫だったと思われます。
が、それにしても蹴っていなくてもフリをするだけでも許せない。
ほんとは「おい、ごら~ぁ、おいお前クソガキなにしてくれてんねん。奥歯がたがた言わせたろか。」
と胸倉をつかみかかりそうなとこですが、
ここは東京。
そしてわたしもおばちゃん。
それはいくらなんでも怖すぎるだろうと思い、
ちょっと聞こえる大きな声で、「ちょっと足で蹴るのやめて~。なにすんの」と人に聞こえるように言ってみた。
そしたらびっくりしたのかあわてておとうちゃんのもとに。
そこにはおとうちゃんと、小学生のおにいちゃんらしき人がいた。
私も負けてはいない。
とかちが人を怖くなったらどうしてくれんねん。と思いその蹴ったやつを「こわかったな~」とめっちゃにらみながら言ってやった。
その子供はそのおとうちゃんの後ろに隠れていたが、再びおもいっきりにらんでやった。
そしたらそのガキのとうちゃんはその子の頬をつねりはじめた。
そのこも急に今まで強気だったが一気に泣き始める。
ここで大人げないと思うのかはその人のいろいろな感情があると思うが、
こちらも大事にしているとかちをいじめられたら人間のように言い返すこともできない、戦い方を知らない動物に。
そんなことをされたら飼い主として徹底的にやってやる覚悟がある。
その子供がわかってくれるように。
人間より弱いものをいじめるってことはいけないってことを。
ホントに一瞬目を離したすきにどんなことになるかわからない。
怖い思いをしたとかちに謝らないといけない。
「ごめんな、とかちさん。」

その代り、おやつとドッグランな。とかち
⇩きょうもおひとつとかちさんをぽちっとお願いします。

にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村







愛犬に残留農薬の野菜を食べさせない

愛犬の食への安心と安全を考える
愛犬に残留農薬を取り除いて野菜を食べさせる方法

-きょうのとかちさん

Copyright© きょうのとかちさん , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.